知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:03:47
日経新聞によりますと
『イタリア政府が公的支援を決めた同国銀行3位のモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ(モンテパスキ)の救済を巡り、同国の財政負担が一段と膨らむおそれが出てきた。モンテパスキへの資本注入は当初の政府想定を大幅に上回る約60億ユーロ(約7400億円)超が必要になると現地メディアなどが報じた。欧州連合(EU)は公的支援の際のルール順守を求めており、金融不安の拡大回避に向け、承認の権限を持つ欧州委員会の判断に関心が集まっている。

モンテパスキの預金額は9月までの9カ月間に約140億ユーロが流出し、1割相当を失った。その後はさらに流動性の状況が悪化したとみられる。実際に具体的な救済策が決まるまでに預金の流出が加速する事態となれば、必要資本額が一段と膨らむ公算も大きい。』
とのことです。

12/23にお伝えしましたイタリアのモンテパスキ銀行ですが、いよいよ公的資金を注入しないと危ない状況になってきています。
ところが、ワイトマン・ドイツ連銀総裁は独紙ビルトのインタビューで、「公的支援は『最後の手段』。慎重に検討すべきだ」と指摘しており、ベイルイン方式を主張するドイツがどう出るか?・・で今後の行方が変わってきます。

来年、欧州では大きな選挙がいくつもありますので、その行方次第ではユーロ崩壊ということが現実味を帯びてくるのかもしれません。われわれは悲観的想定で準備をし、楽観的に行動するということが重要だと思っています。

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/3239-9785f6c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する