知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/10«│ 2017/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
12:09:20
長谷川慶太郎氏の著書「2017年 世界の真実」を読みましたので、まとめを書いておこうと思います。
この本は昨年の夏に発売されたもので、若干少し情報が古い部分もありますが、そうしたところは予想が当たっているのか確認できるという良さもあります。

本では、アメリカや日本、ヨーロッパ、中国などの今後について長谷川氏の予測が書かれています。今回のまとめでは、ここ最近問題となっているヨーロッパについて取り上げてみたいと思います。

『ヨーロッパが衰退していくのは間違いない。その最大の理由は、”インフレ時代”の政策とシステムで”デフレ時代”に対応していることである。当然ながら、そこにギャップがある。金融機関の資産劣化という格好で現在は進んでいる。』

『EUを引っ張る大国の一つであるフランスも、ドイツと変わらず、BNPパリバなどの上位行が危ない。本当は財政出動が必要なのだが、それができないのはフランスの国庫が赤字だからである。
それを象徴するのが、修理できない原子力発電所だ。フランスには原発が55基くらいあるが、動いているのは17基だ。あとの3分の2は修理ができないので止まったままである。かといって、廃炉にするには金がかかる。こういう状況だから、原子力発電関連企業のアレバがつぶれかかっている。』


金融機関の資産が劣化している状況で、ベイルイン方式を採用したため、公的資金を先に注入することが出来ず、銀行再建ができないという状況が継続しています。そこに、大量の移民問題が発生しており、ユーロ圏崩壊の危機を迎えています。

こうした状況下で、日本は「失われた20年」と言われるデフレを経験し、銀行の不良債権処理が済んでいるために、資産内容は良いと紹介しています。
そのため、長期の巨額資金を貸し出せるのは日本の金融機関だけで、ここに日本が活躍できる場があるとも述べています。

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/3251-9c2bbcfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。