知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:52:37
朝日新聞によりますと
『家賃収入は10年間変わらない契約でアパートを建てたのに、6年後に減額されたとして、愛知県の男性が22日、サブリース大手「レオパレス21」(東京都)を相手に、減額分の支払いを求める訴訟を名古屋地裁半田支部に起こす。同様の減額事案は全国で相次いでおり、少なくとも100人以上のオーナーが一斉提訴を検討している。
サブリースは、オーナーが建てたアパートを業者が一括で借り上げ、空室に関係なくオーナーに一定の家賃を支払う仕組み。しかし、思うように入居率が上がらず、オーナーへの支払いを減らし、トラブルになるケースが相次いでいる。』
とのことです。

「30年間家賃収入が変わらない」とのうたい文句でオーナーを集めているようですが、実際には10年経過した時点で入居率などの関係からオーナーへの支払を減額するケースが相次ぎ、トラブルが多発しているようです。

新築の時には良いのですが、時間の経過とともに家賃を下げないと入居者は集まりません。なぜなら、自分の物件の周辺に新築の物件が建つからです。こうしたことを想定した上で、投資をする必要があると思います。(←うまい話はない)

バブル時代、(父親のところに)銀行がレオパレスの案件を持ってきましたが、親子ローンになるとの説明で、自分が断った経緯があります。
あのときに、契約していたら今ごろ自己破産になっていたかもしれません。

将来は分かりませんので、長期の案件は慎重に吟味した方が賢明です。
ちなみに、自分は不動産投資は流動性リスクおよび日本の人口動態から興味がありません。まだ、REITなら良いのかもしれません。

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/3271-8b6962f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する