知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/08«│ 2017/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
11:00:45
ユーロ恐慌

少し前の本になりますが、副島隆彦氏の著書「ユーロ恐慌」(欧州壊滅と日本)を読みましたので、まとめを書いておこうと思います。

「ユーロ恐慌」と題して、欧州発の金融危機を予測しておりますが、日本についてもけっこうなページを割いて書かれています。
本日は、「現役ファンドマネージャーの最先端レポート」と題した章から抜粋してみたいと思います。この方は、外資系金融法人で株式と債券のトレーディングを専門とするファンドマネージャーで、金融の戦場で20年以上、生き延びてきたと紹介されています。

まず、欧州の状況ですが、「ドイツの金融は強くない」と言及しています。
問題を生み出しているのは、TARGET2という銀行間の決済システムで、ここに欧州の各国の中央銀行だけでなく、1000行ほどの欧州の民間銀行も接続しています。つまり、ECBは欧州の銀行間決済をTARGET2に集めているというわけです。

このTARGET2で決済され、各国間で相殺できなかった債権・債務が増大しているのが問題だとしています。ドイツはEUで最大の債権国となっていますが、債権先のスペインなどはドイツへの代金(輸入)がきちんと払えていないのです。
スペインが債権者であるドイツにお金を払えていないために、債権が焦げ付いているともしています。つまり、不良債権となっているというわけです。

ECBにはユーロ参加国すべての国の中央銀行が出資しており、その中でドイツは資本総額の1/4以上を出資しています。このまま、TARGET2での資金決済が債務超過が続きますと、ドイツがECBの債務の1/4以上を被ることを意味します。
そのため、ドイツ連銀の財務基盤は非常に弱く、「国家の金融システム自体が脆弱になりつつある」という話が業界内で広がっているとのことです。

一方、日本について、日銀は金融緩和を継続していますが、日本国債のイールドカーブが7年目(2023年)から急に右肩上がりになっていると指摘しています。

『償還年限が7年の国債から金利が急に高くなっている。このことが何を意味しているのか。ことは重大である。「マイナス金利は、あと7年しかもたない」と、マーケットが見ていることを示しているのだ。経済学者やアナリストが予測しているのではない。マーケット自身が「マイナス金利は、あと7年しかもたない」と、無言のメッセージを発している。』

『今のマイナス金利政策はあと7年で限界を迎える。これは「日本経済の寿命は、あと7年である」と、マーケットがメッセージをだしているのだ。』


スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/3284-01825694
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する