知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:14:14
日経新聞によりますと
『遺伝子組み換え(GM)食品について消費者庁は26日、表示義務の対象を見直すための有識者検討会の初会合を開いた。現在はGM作物が使われていても表示しなくてよいケースが多いが、GM作物の使用の有無は消費者の商品選択の材料になっている。有識者の議論を踏まえ、義務対象を拡大できないか検討する。

現行制度ではGMの大豆やトウモロコシなど8作物と、これらを使った豆腐や納豆といった33の加工食品が表示義務の対象。GMの8作物は国内で食用栽培はしておらず、全て外国産だ。GM作物を使っていれば原材料名の後に「大豆(遺伝子組換え)」などと注記。GM作物と非GM作物を分別せずに使っている場合は「遺伝子組換え不分別」とする。

一方で意図せずにGM作物が混ざっている場合、混入率が5%未満なら表示義務はなく「組換えでない」と表示できる。しょうゆ、植物油など加工により遺伝子が検出できず、事後検証できない食品も対象外だ。

約1万人を対象とした同庁のアンケートではGM食品について4割が「不安がある」と回答。環太平洋経済連携協定(TPP)を巡って規制強化を求める意見もある。』
とのことです。

フランス・カーン大学が行った遺伝子組み換え食品の餌を与えたラットの実験では、腫瘍を発生したとの報告もあり、安全性が確立されていないと思われます。

とくに、皆さんが購入されているサラダ油などは、原材料の遺伝子組換え食品の分別表示がなされておらず、安価な価格で売られているものは遺伝子組み換えトウモロコシ・大豆などを使用していると考えた方が賢明です。
そのため、自分は”遺伝子組み換え不使用”と書いてある油を購入しています。こちらは何倍も高いのですが、病気になることを考えれば安いというわけです。

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/3300-b76937f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する