FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2019/09«│ 2019/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2019/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:58:58
朝日新聞によりますと
『国内29の銀行で投資信託を買った個人客の半分近くが、運用損失を出していることが金融庁の調べでわかった。運用成績は銀行ごとに大きな差異がみられたといい、各行の販売・運用姿勢や商品の品ぞろえが、顧客の資産形成に影響を及ぼした可能性がある。

金融庁が主要行9行と地方銀行20行の窓口で投信を買った客全員の今年3月末と購入時の投信の評価額を比べた。顧客が払う手数料も引き、実質的な「手取り」を試算すると、46%の人の運用損益がマイナスで、損をしていたという。購入した時期にもよるが、株価が上昇基調で比較的「損をしにくい」環境のなかで、比較的多くの人が損をしていたことになる。』
とのことです。

この記事には、”やはりそうだろう”という印象しかありません。

まず、一つにはブログでも時々お話をしてきたと思いますが、ファンドでは儲からない時代になったということです。2000年くらいからリーマンショックくらいまではけっこうパフォーマンスが悪くないファンドもあったのですが、現時点では数少なくなってきたことが運用損失になっている一つの原因でしょう。

これに加え、銀行などが奨めてくる投資信託は我々にとって有利(儲かりそう)なものではなく、彼らにとって有利(手数料が高いもの)である可能性が高いのです。手数料が高い(マイナスからのスタート)のであれば、それは投資家側には不利です。このような理由で、多くの方が運用損失になっていると思われます。

スポンサーサイト





コメント
今上がらないでいつ上がるんですか?というぐらいですよねぇ。
落下局面になるとさらに損失でますでは、示しがつかないですね!

naka│URL│2018/07/09(Mon)19:47:30│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/3366-69ea82d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する