FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2020/07«│ 2020/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2020/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:09:51
素朴な疑問―食品の裏側から

安部司氏の著書「素朴な疑問―食品の裏側から くらしの中の添加物・調味料入門」を読みましたので、まとめを記載しておきたいと思います。
この本は、西日本新聞の生活面に「素朴な疑問 食品の裏側」と題して連載したものを一冊の本としてまとめたものです。

本書では、添加物とはどういったものか?、そのメリット・デメリットについてについても記載されています。内容の詳細については、本を読んで頂くとして、安部さんが普段どのようなものを食べているのか?・・・を書いてある部分がありましたのでご紹介します。

『「安部さんは普段どのようなものを食べているんですか」
「しょうわそうすですよ」
「昭和ソース?それ、どこで買えますか」
残念ながら、どこにも売っていません。食べ物ではなく、食べ方のことですから。

わが家には毎週、熊本から有機野菜が届きます。中身はお任せで旬の露地野菜が10品目以上。これを家族3人で食べるので、必然的に食卓のメニューの半分は野菜料理です。たくさん食べても「小食」になり、有機野菜の素材の味を生かそうとすると自然と「薄味」になります。
料理は妻が1時間以上かけてこしらえます。感謝ですな。ご飯は玄米、ときどき白米。魚が多いけど、肉のときはいいのもを少し。漬け物はハリハリ漬けなど、自家製便利調味料で私がテキトーに作ります。

基本は「和食」。といっても料亭とかで食べる懐石料理ではなく、いわゆる少量多品目の「粗食」を合わせた田舎料理。だから飽きない。
だしの素や「○○のたれ」は、わが家にはありません。酢や醤油などの基本調味料にはお金を惜しまず、だしは手間を惜しまず。
栄養やカロリー、塩分とかは大して考えません。即席麺のスープにはたっぷりの塩分が含まれていますが、梅干し、塩サケ、味噌汁で、それと同じ量の塩分を取ることはまずないからです。添加物が入っていなければ、過剰な塩や甘味、油に対し必ず防御反応が働きます。

小食、和食、粗食、薄味。その頭文字が「しょうわそうす」なのです。

安くて簡単便利な市販の加工品、調理済み食品。これまでさんざん開発しておきながら何ですが、やはり後味とかが口には合わない。出張で外食が増えると、そうしたものを食べざるを得ないこともありますが、軸足が「しょうわそうす」にあれば大丈夫。これ、上手に添加物とつきあうコツです。』


本の中で、”手首の運動”が重要だと述べています。
手首の運動とは何かといいますと、食材をひっくり返し、裏に書いてある原材料を確認することが重要だという意味です。自分もいつもやっています。

スポンサーサイト





コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/3372-2cb0f9e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する