FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2020/10«│ 2020/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2020/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
19:44:18
Man AHL Diversified plcの12/31のNAVが発表されましたね。12/31は77.72でした。

2005年の12月31日のデータが61.08でしたから2006年の上昇は8.92%、2007年1月1日のNAVが66.53でしたから、昨年の上昇率は16.82%ということになります。
途中に81を記録してきたところで大分期待は高まりましたが、そうそう思い通りにいかないのも投資かもしれませんね。

16.82%の上昇であれば満足な数字ではないでしょうか。今年も20%を目指して頑張ってもらいたいと期待しております。年末の目標は95と言いたいところですが、92とします。

では皆さんも正月を飲み過ぎずに気をつけてお過ごし下さい。byじん
スポンサーサイト





コメント
はじめまして。質問なのですがじん様はヘッジファンドの方はマン社のものしか保有していないのでしょうか?
それならばその理由は自分たちが海外のファンドへ投資する場合の最大のリスク、カンパニーリスクを避けるためでしょうか?自分はAHL以外最近のMANに魅力が薄れてきたので、MANのAHLに集中投資するよりはある程度信用度の高いファンド会社に少し分散させた方がよいのかと感じてきてしまったのですが。

AKI│URL│2008/01/04(Fri)21:36:23│ 編集
AKIさん、こんばんは
ご質問ですが、数社のヘッジファンドを所有しております。マイナー過ぎてここでご紹介していないものもあります。
ヘッジファンドも数社に分散しているのは、投資対象の分散・リスクの分散というのが大きいです。もちろん、カンパニーリスクというものもあります。ノーベル賞学者を二人擁したヘッジファンドも潰れてしまった過去がありますから・・・。

AKI様おっしゃるように信用度の高いファンド会社に分散投資するのは正解だと思うのですが、なかなか我々が実際に投資できる環境にあり、しかも安定的な結果を残している信用度の高いファンド会社があまりないのも事実だと思うのです。副島氏が預金封鎖という本の中で推奨していたスーパーファンドに投資して、未だマイナスから抜け出せませんからね。
こうした状況に自分でも時々思うのですが、Man社のADPだけに集中投資でも良かったのではないかと・・・。悩みは尽きないものです。

じん│URL│2008/01/04(Fri)23:11:47│ 編集
ありがとうございます。スーパーファンド成績かんばしくありませんね。ということでマネージドフィーチャーズ系でほかを探していましたところ、Castlestone社のものはどうかと思ったのですがじん様なにか情報ありますでしょうか?
またじん様はマネージドフィーチャーズ系以外でもなにかファンドお持ちですか?

AKI│URL│2008/01/04(Fri)23:35:09│ 編集
AKIさんへ
Castlestone社ということですが、残念ながら情報はありません。
ADP、SF GCTが先物系ですので、なるべく違った投資手法のものの方が良い(同じ動きをしないとという意味で)かなと思っております。ですので、GCTを解約し、2XLに変更しようと思っています。
また、解約してしまいましたが、裁定取引手法のヘッジファンド(Man Arbitrage Strategies Ltd)を以前所有しておりました。

じん│URL│2008/01/05(Sat)22:24:45│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/602-cd8dda5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する