FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2020/07«│ 2020/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2020/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
11:20:51
昨日までの話のサマリーは、稼げるのであれば個人事業主になったほうがお金が残るということ、投資=株式投資ではなく、分散することが重要であるということでしたよね。
そのトータルの目標を年利20%に置き、投資の儲け+毎年追加資金を入れていくというのが、お金持ちになる近道だということでしたね。
さらに重要なことは、いつ実現するかを紙に書いて下さい。そして・・・今がある。そうなると、来年はこうなっていないといけないとか・・・目標がはっきりしてきますよね。人間、目標がはっきりしていないと、まあいいやとか明日にしよう・・・なんてなってしまうものです。そうなるといつまで経っても目標は達成できません。もし本気なら今すぐ紙を出して書いてみて下さいね。

さて、昨日までは入ってくる部分について書いてきましたが、今日は逆の出ていく部分について書いてみようと思います。
つまり、投資のコストです。皆さん株式投資をする時に証券会社をどうやって決めているのでしょうか?

手数料という投資のコストは長くなればなるほど、ボディブローのように効いてきます。そこで、今日はじん流のアドバイスです。
このブログを見ていただいている方はインターネットが出来る環境にある方ですよね。もちろん、携帯からも見られますが・・・。
そうなるとネット証券の方がコストとしては有利なわけです。私の友人にも大和証券にお願いしていて、いつも売買手数料が数万円も掛かると嘆いていた人がいて、ネット証券にしたら・・・といったら凄く安くなったと言っておりましたね。

じんはIPOの関係もありかなりの証券会社に口座を持っています。一覧を記載すると、野村證券、大和証券、日興コーディアル証券、UFJつばさ証券、新光証券、いちよし証券、HS証券、みずほインベスターズ証券、マネックスビーンズ証券、松井証券、イー・トレード証券、センチュリー証券、丸三証券、トレイダーズ証券、楽天証券、コスモ証券などです。

比較表は参考資料を参照して頂きたいのですが、じんは使い分けをしております。基本的に大手は手数料で不利です。そこで、大手はIPOの申し込み専用です。丸三証券は20万円以下の株式購入手数料が無料(除外銘柄も有)です。つまり、篠崎屋を1株とかならここで買えば手数料が無料となるのです。手数料が現在一番安いのはセンチュリー証券ですね。参考資料の比較表でも分かるように、300万でも472円というのは破格ですね。イー・トレード証券は7/1に約定50万円以下を735円から525円に変更するという情報があります。
トレイダーズ証券は昨日皆さんにご紹介した日経平均先物取引をしている口座ですね。

ここまでのまとめをすると、通常取引はセンチュリー証券、20万円以下は丸三証券となりますね。他の証券会社も口座を作っておくことで、情報が活用できますので取引しなくても有利です。例えば松井証券ではIPOに外れると20円〜50円もらえます。
こうすることで証券投資のコストを抑えることが出来ますね。入りを多くして、出を少なくすることが結局は近道なのです。

*参考資料*
http://kabu.tatujin.info/securities/
スポンサーサイト





コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/61-77ea1e2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する