FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2020/08«│ 2020/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2020/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
21:18:34
Man AHL Diversified plcの4/28付 NAVが発表されました。3/31のNAVは88.58でしたが、89.47と少し上昇しました。これで今年に入ってから15%強という結果となります。

ところで、先日ご質問で「Man AHL Diversified plcが募集停止になり、Man AHL Diversified (Guernsey)になるのか?」ということでしたが、「そう決定された」という情報が入りました。

ただし、現段階でクローズしているかどうかは不明です。本日の時点ではホームページのOpen for investmentの欄にADPも記載されております。

後継ファンドと言われているMan AHL Diversified (Guernsey)ですが、97%は今までと同じAHL運用で、残り3%を株式のロング・ショートなどを組入れているといったことのようです。
この運用の変更により、アイルランド籍では運用できなくなって、ガーンジー島に変更されたとのことです。法的なものであるとの情報を得ましたが、それ以上のことは不明です。
スポンサーサイト





コメント
先日のコメントに対する返答ありがとうございます。Man AHL Diversified plcが募集停止になり、Man AHL Diversified (Guernsey)になるとのことですが、じん様は現在Man AHL Diversified plcへの増資を検討されていたことと思いますが、Man AHL Diversified (Guernsey)への投資もお考えでしょうか?
現在は97%が今までと同じAHLということで対した差異はないでしょうが将来的にはその割合が調整されていくこともあるかと思います。
どうお考えでしょうか?

aki│URL│2008/05/02(Fri)17:23:48│ 編集
そうですね
ほとんど変わりがないとのこと(3%ですから・・・)なので検討に値するものと考えております。
また、その3%ですが、将来的にはパーセンテージの増減や投資方法などの変化があるかもしれません。そうなった場合にはパフォーマンスがどうなるかということが投資家としては重要だと思います。
以前にMan Arbitrage Strategies Ltdという商品に投資をしていたですが、最初の触れ込みとしては裁定取引を中心としたヘッジファンドと聞いておりました。しかしながら、段々と投資手法の変化があり、解約に至ったという経緯があります。

こうした経験を踏まえるとakiさんがおっしゃるような「調整」には十分注視していくことが必要であると思われます。

じん │URL│2008/05/03(Sat)07:43:40│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/639-09907006
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する