FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2020/08«│ 2020/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2020/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:05:18
Tulip Trend Fundの6月の成績が出ました。こちらは同じMFでも3A Trading Fundとは異なり、5月の成績は悪くありません(+3.1%)でしたが、6月は-2.64%となりました。

年初来の成績は-5.5%とこちらもあまり芳しくない結果といえます。しかしながら、Transtrndのシステムに約2倍のレバレッジを掛けている運用スタイルとしては、リスクコントロールがなされていると考えて良いと思います。

「Transtrndに直接投資は出来るのか?」というご質問も頂きました。

『Transtrend社の受け入れについては、特段、ファンドがあるわけではなく、それぞれの大口投資家との個別取引になっています。ただ、10百万ドルというのは、彼らのいうNominal amountに該当し、その金額をすべて預けるものではありません。

ご存じのとおり、先物取引はMagin Moneyが10%程度で取引されていますので、残りはキャッシュで運用されているわけです。

従って、このキャッシュを減らせば、もっとレバレッジがかけられるわけであり、Tulipもこのような仕組みを使って、レバレッジを2倍にしているわけです。ただ、この場合、運用が失敗しますと頻繁にMaginの追加を要求され、その意味でリスクが高くなり、また逆に運用がうまくいけばその分リターンも増えるといういうわけです。

従って、結論的に申し上げれば、投資金額自体は、必ずしも10百万ドルではなく、それよりも少額で対応可能ということです。(ただ百万ドルを下回るレベルではありません)』ということでした。

もし、「Transtrndに直接投資を・・・」とお考えの方はご質問からご相談下さい。

ところで話はもどり、同時期のSF GCTを例に出しますと、5月は-18.28%、6月は-5.62%、年初来でも-32.97%と過去に記録したことがないほど悪い状況となっております。

皆さんご存知のようにじんは保有していたGCTを昨年春に解約しました。
秋以降まで持っていて、冬に解約すれば良かったのかもしれませんが、冬まで持っていたらそこで解約するという選択肢は無かった(心理的に)と思います。
GCTに関してはプラスで終了しましたので、良しとすることにしました。

スポンサーサイト





コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/813-559080d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する