FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2020/08«│ 2020/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2020/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
08:09:30
3A Commodity Fundの月次更新レポートが入ってきました。7月はやっとプラスに転じて、+1.76%となりました。
このペースで前半の不調を取り戻してもらいたいものです。

以下コメントです。

ファンドの7月のリターンはプラスとなりました。ほとんどの商品市場が景況感の改善と一部コモディティの需給のタイト化を背景として上昇しています。

農産物では小麦価格が相場上昇をリードし、急騰しています (CBTの12月10日限月が+37%)。これはロシアと中央ヨーロッパの穀倉地帯の干ばつの継続への懸念とロシアが小麦輸出の禁止に踏み切ったことによるものです。

大豆とトウモロコシの今後の在庫状況は極めてタイトと思われ、また大豆は中国からの大量輸入への依存状態が続いており、同セクターは今後も期待されます。

ソフト商品では、輸入国の在庫が極めて低水準であるため、7月も砂糖の上昇が続きました。また、在庫の減少が続いているアラビカ・コーヒーも上昇しています。

卑金属も在庫の減少(例えば、 錫のLME在庫は年初来からこれまでに50%減少しています)を背景に、7月に他のリスク資産とともに上昇(銅が+12%、亜鉛が+13%)しています。

貴金属では金が値下がりました(-5%)。 これは投機的なポジションの解消とマクロ面の懸念の後退によるものです。

エネルギーでは原油が上昇しました(WTI価格が+4.4%)。堅調な需要とマクロ面の懸念の後退によるものです。

ポートフォリオを構成するほとんどのマネジャーの月間パフォーマンスがプラスとなりましたが、砂糖、穀物、卑金属のロングポジションが最大のリターンをあげています。

エネルギーを専門とするマネジャーの月間成績もややプラスとなりましたが、これは中間留分と天然ガスの利益によるものです。エネルギーセクターに分散投資するマネジャーのポジションだけがマイナスに終わりました。

スポンサーサイト





コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/994-68f989cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する