FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2019/09«│ 2019/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2019/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:17:30
RWIF Fact Sheet 2014-07 GBP

Rudolf Wolff Income Fund(ルドルフ債券ファンド)の7月の成績が入ってきましたのでご紹介します。
このファンドは、劣後債や償還までの期間が30年〜40年という長期の債券などにターゲットを絞り売買をしています。

7月の単月の成績は+0.2%で、年初来は+7.63%となっています。
上記のファクトシートは英ポンド建てのものですが、米ドル建てもあります。
ちなみに、米ドル建ての成績は単月で+0.01%、年初来は+7.54%です。

英ポンド建て、米ドル建てともに10,000から投資可能なようです。比較的パフォーマンスが安定しているのが特徴です。


12:27:22


IQSファンドの3月の成績が入ってきましたのでお伝えします。期待どおり?!と言いますか、なんと言いますか、3月もマイナスで-6.79%となり、年初来の成績も-33.19%と昨年1年の成績(-27.85%)を悪い意味で越えてきました。

今年は未だ月間成績でプラスになった月がない状況です。どこまで行くのか、興味本位ですが今後も追っていきたいと思っています。


12:50:54


ウィントン・パフォーマンス連動満期時元本確保型ファンド(豪ドル建て)の2013年12月の成績をご報告します。

*こちらは2013年12月の成績となりますのでご注意ください。

ウィントン・パフォーマンスの12月の成績は単月で+0.421%、NAVは1.5494でした。これにより2013年の年間成績は+11.572%で終了しました。

ちなみに、Winton Futures Fund(WFF)の12月の成績は+0.38%(概算値)で、2013年の年間成績は+9.42%(概算値)でしたので、どちらもウィントン・パフォーマンスの方が成績が良かったことになります。

*ウィントン・パフォーマンス・ファンドには償還期日があり、最終買い戻し日が2015年2月2日となっております。2014年9月(買い戻し手数料がゼロになる)頃になりましたら、買い戻しに関する情報などもご紹介する予定です。


12:32:27


KIJANI Commodity Fund(キジャニ・コモディティ・ファンド)の12月末の成績を入手しましたしたのでご紹介します。

11月はあまり成績が伸びなかったKIJANIでしたが、12月はその分を取り戻す勢いで上昇してくれました。12月は単月で+2.73%で、2013年の年間成績は+16.24%という結果になりました。
ターゲットリターンの20%には届かなかったものの、16.24%ということで個人的には十分な成績ではないかと思っていますが・・・いかがでしょう。

さて今年に入ってからの成績ですが、1/6時点でのNAVは1397.75となっており、2014年の成績(つまり1月)は+0.76%となっているようです。

さてここからは、毎月恒例のファンドサイズの件です。
米ドル建てが72.1億円、英ポンド建てが17.5億円の合計で89.6億円となり、12月も4億円程度の流入となっているようで流入ペースは同じような状況です。
この状況ですと、ファンドサイズが100億円になるのは3月〜4月になりそうな気配です。


12:44:13
header.jpg

解約停止措置となっていますBrandeaux Student Accommodation Fundのその後の情報が少しだけ入ってきましたのでご紹介します。
下記の英文がコメントですが、その下にYahoo!翻訳の日本語も貼っておきます。

The directors are actively continuing the process for the creation of liquidity for shareholders through property sales and other means, although the timeframe remains, at present, uncertain.

A number of discussions have taken place over the past six months and the directors are actively looking at various alternative ways to create liquidity for investors but at this time there is nothing further to report.


ディレクターは流動性の作成のための方法を不動産販売と他の手段によって株主のために活発に続けています。しかし、時間枠は、現在、不確かなままです。

いくつかの議論は過去6ヵ月間に起こりました。そして、ディレクターは投資家の流動性確保のために色々な代わりの方法を活発に見ています。
しかし今は、さらに報告出来ることはありません。(Yahoo!翻訳・少し修正)

この程度のコメントですと雲をつかむような感じですね。もう少し見通し程度でもいいですから、情報を提供してくれると良いのですが・・・。


カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する