知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2018/06«│ 2018/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2018/08
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:38:14
毎年恒例の楽天証券投資セミナー(東京)が下記日程で開催されるようです。

【開催日時】
2018年7月1日(日)10:00-16:30
【会場】
TKPガーデンシティ品川
〒108-0074 東京都港区高輪3-13-3 SHINAGAWA GOOS


今回は参加を予定しており、いつものように堀古氏の講演を中心に聞いてこようと思っています。後日、講演内容のサマリーはブログでご紹介したいと思います。


12:01:58
ほめちぎる教習所」のやる気の育て方

加藤光一氏の著書『「ほめちぎる教習所」のやる気の育て方』を読みましたので、まとめを書いておこうと思います。この本に出会うきっかけはあるラジオ番組でした。その番組を聴いていると、「ほめて育てることで、生徒数が増え続けるだけでなく、運転免許の合格率も上がり、さらに卒業生の事故なども減っている」とのことでした。これは面白そうだと思い、本を読んだというわけです。 

監修の坪田信貴氏の塾で「何度言っても聞けない人に、何回言えば分かってもらえるのか」を調べる実験をしたことがあるそうです。その結果、「ケアレスミスを無くすために必ずチェックをするという行動をとるためには、平均532回言う必要がある」ということが分かったそうです。それが分かった結果、坪田氏は「何度言っても分からない子」にイラッとすることがなくなったそうです。

1回でできるようになる人と、532回を必要とした人との間には、いったいどんな差があるのでしょうか。それは言われた側の能力や性格ではなく、言った人の意図が、言われた側にきちんと伝わったかどうかの差だと思われると述べています。

『「ほめる」ときに、実際にやっていることは「他人を認めること」なのです。
旧来のやり方、「叱る」教え方は「基準に満ちていない部分を指摘する」、いわば上から目線のものでした。
一方、「ほめる」教え方は「いまどのくらいの基準に届いているかを知らせる」ものです。これには上からも下からもなく、同じ高さの目線から、「相手のできていることや、そこまでの努力を認める」もの。

「できているところを認める」視点になれれば、「どうほめたらいいか」と悩むこともなくなっていきますし、相手の悪いところも自然に「そういう面もあるのか」「そういう考え方もあるのか」と受け止められるようになってきます。』


加藤氏がほめる戦略を導入するきっかけの一つが、自身が経験したハワイでの水上スキーインストラクターの指導法にヒントがあったとしています。

『その時教えてくれたインストラクターがすごかった。
彼は、初歩的なことができずに何度も同じ失敗を繰り返す私を叱ることもせず、「誰でも最初はそんなものだ!ナイストライ!」「今のは惜しかった!もう一回やればきっとできる!」と励まし続けてくれました。
やっと体が起こせるようになったものの、姿勢を維持できずにすぐに転んでいたときも「体の起こし方はばっちりだから、今度はもう少し足を突っ張れ!」「今の体の動き方はいいぞ!もう一度だ!」とできた部分を繰り返しほめてくれます。

うまくいかないときでも「お前の年齢でこんなに早く体が起こせるようになるやつはいないぞ!」「こんなにトライするなんてすごい!」と励まし続け、しまいには転んだときにまで「いまのコケ方はよかった!」とほめてくれます。

なかなかうまくならない私をあきらめることなくほめ続け、アドバイスを送り続けてくれたインストラクターのおかげでしょうか。
最後のトライでは、わずかな時間ながら、ついに水上に立って滑ることができました。「今のは良かった!完璧だったぞ!」
笑顔で握手を求めてくる彼に握手を返し、何度もお礼を言って宿に帰りました。』


人生であんなにもほめられたことはないというくらいほめ続けてくれたこと、そしてそのほめ方がとても具体的であることに感心したと述べています。
また、ほんの些細な成長でも、ちゃんと見つけ出してくれてほめてくれるだけでなく、うまくいかないときでも「ナイストライ!」とチャレンジしたことをほめてくれたそうです。

日本では失敗したら「ドンマイ」ですが、アメリカでは失敗しても「ナイストライ!」。これは自分も見習おうと思いました。


12:34:50
SPG_20180211091741e24.png

現在、SPGポイントセールが開催されておりますが、”明日で終了”とのリマインドメールが来ました。自分は購入済ですが、うっかり忘れていた方ために、念のため再度紹介しておきます。

今回も(通常料金の)35%割引(5,000ポイント以上)で購入できると表記されています。下記のリンク(SPGポイント購入)から購入可能です。

SPGポイント購入

注意点としては、1暦年内に1つのアカウントにつき最大30,000ポイントまで購入可能ということです。つまり、昨年末に購入した分はカウントに入らず、新たに30,000ポイントの購入ができることになります。

今回のセールを検証してみますと、20,000ポイント=455ドルとなっています。
これをマイルに移行しますと5,000マイルのボーナスが加算され、25,000マイルとなりますので、1マイル=0.0182ドルという計算になります。

なお、ご存じの方も多いと思いますが、この8月にSPGおよびマリオットのプログラムが統合されます。統合後は今回のようなポイントセールが開催されるか分からない状況でもあります。そのため、今回のセールで購入しておいた方が賢明という判断を(個人的には)しています。


12:49:40
前回は、クリス岡崎氏の著書「億万長者専門学校」から、ルール6「金のガチョウ資産」をお伝えしましたが、その続きです。

「億万長者」は待つことができる
タマゴを食べずに10年かけて養鶏場を作ることを考える


『億万長者を見ていて気がついたこと。それは、
「億万長者は、長い時間待つことができる」
ってこと。「貧乏な人」たちはすぐに報酬を求めるけれど、億万長者は、なかなか報酬を受け取らないんだ。でもどうして受け取らないんだろう?

こんな「ユダヤの人のお話」をしてくれた人がいる。
コップに水がポタポタ入ってきたとする(この水が収入だと思ってね)。

「貧乏な人」はどうするかといえば、「うぁ〜、入ってきた!入ってきた!喉が渇いているからこのへんで飲んじゃおう!ゴクゴク」で空になっちゃう。

「中流な人」はどうかといえば、コップがいっぱいになるまで待って、「よし、今だ!飲み干しちゃえ!ゴクゴク、ゴクゴク」でやっぱり空になっちゃう。

だけど「億万長者」は違うんだ。コップに水がたまって、今にもこぼれそうなってもまだ飲まない。そしてチョロチョロと水がこぼれ出したら、こぼれた分だけすするように飲むんだ。』


つまり、「すぐにお金がほしい」と思っていては、億万長者になれない・・ということなのです。億万長者は、金のガチョウに金のタマゴを産ませ続け、雛を育て続けて、10年後に「養鶏場」を作ろうと考えているというわけです。

毎月10万円の投資でかならず億万長者になれる「すべり止めプラン」とは?

『「金のガチョウ資産」とは別に、億万長者にかならずなるための手段として「すべり止めプラン」を紹介するよ(もちろんすべり止めプランも金のガチョウ資産の一部だけど)。

もしもだよ?キミたちが投資した金額に対して、「複利」で毎年12%増やしてくれる投資の方法があったとするよね。もし、12%ずつ増やすことができたら、キミたちはいったいどうなっちゃうんだろう・・・。

1年間に12%「複利」でお金が増えた場合のシュミレーションをしてみよう。
・1年目は120万円
・次の年は268万円
・その次の年は435万円
・10年後には2318万円
・20年後には、ほとんど1億円(95,598,245円)
になってしまうんだ!』


もちろん、年間12%出し続けられる投資先があるのか?という問題はありますが、複利の力は後になってくればくるほど、威力を発揮するということですね。

最後に、「ゼッタイに億万長者になる」と決めることが重要だと紹介しています。
「どんなに時間がかかっても、億万長者になるぞ!」と決意することが重要だとしています。やる気のない人には、チャンスの神様は協力してくれません(笑)

『お金というものはとても不思議で、「お金の増えるしくみ」を知り、質の高い情報を得て、「何が何でもやるぞ」という強い気持ちを持っている人のところに集まってくるんだ。そんな気概のある人は、まるで引力みたいに、お金を引き寄せることができるんだ。』

皆さんが成功されることを、心よりお祈りしております。
もちろん、自分も全力で努力していきます(←ホントか?・笑)


12:29:49
前回は、クリス岡崎氏の著書「億万長者専門学校」から、ルール5の「億万長者脳」を紹介しましたが、本日はルール6「金のガチョウ資産」をお伝えします。
これもとても重要な考え方だと思います。

億万長者になる方法とは、「金のガチョウ資産」を増やすことなのです。

『「生活費を少なくする。その代わり、お金を増やしてくれそうな資産を買おう!
「お金を増やしてくれそうな資産」のことを、僕は「金のガチョウ資産」にたとえている。この金のガチョウはすごく不思議で、成長すると、なんと金のタマゴ(お金)を産んでくれるんだ。しかもこの「金のタマゴ」がかえると、また「金のガチョウ」が産まれてくるんだ。「金のタマゴ(お金)」がどんどん増えていくから、そのお金で生活費をまかなえるようになってしまうんだ。

今までは、生活費を稼ぐために、自分の時間を仕事に使っていたけれど、「金のガチョウ」が金のタマゴ(お金)を産んで、それによって生活費が成り立ってしまうようになれば、もう、仕事をする必要がなくなっちゃうよ!』


好きでもない仕事から解放されるとなれば、好きなことができるというわけです。

『何十年も,何百年も「富を手に入れる方法」はいろいろと語られてきたけれど、すべての方法に共通していることがある。それは、
「金のガチョウを買おう!」
「金のガチョウ資産を増やそう!」
ということなんだ。
今までと同じように仕事をしているだけではお金は生まれない。でも、「金のガチョウ資産」があれば、自分の時間を使わなくたって、ガチョウにエサをあげているだけで、「金のタマゴ(お金)を産んでくれるんだ。』


『億万長者の基本的な考え方は、「消費しないで投資する」ということ。「今度まとまったお金が入ったら、何を買おうかな」(貧乏脳)でじゃなくて、「今度まとまったお金が入ったら、何に投資しようかな」(億万長者脳)と考える。
億万長者を目指すキミたちに必要なのは,お給料に頼ることじゃなくて、「金のガチョウ資産」なんだ。』


「お給料」だけでは、ゼッタイに億万長者になれない!・・・つまり、少しずつでも良いので、金のガチョウ資産を増やしていくのが肝だということです。

『キミたちが持っている高級車や、高級時計や、高級バックが、「金のガチョウ資産」から出ていればオッケー。
金のガチョウが産んだ金のタマゴ(=お金)から買っているのであれば、それは高級品を買ったって、カッコイイことだと僕は思うんだ。だけど、お給料をやりくりしたり、キャッシングしたり、カードローンで買うっていうのはかなりダサイ。それは「貧乏脳」の発想だし、カッコ悪すぎ。

だってさ〜、金のガチョウがいなかったり、金のガチョウがまだ金のタマゴを産んでいないのに、自分の高級時計を買っている場合じゃないでしょ!!ガチョウのエサを自分だ食べてガチョウを飢えさせて・・・。意味なし!』
 (続く)


カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する